qunitamaのモノづくりブログ

レザークラフトなど、モノづくりのブログです

トラベラーズノート用 Weekly Schedule リフィルの作成

f:id:qunitama:20200215223510j:plain
Weekly Schdule レイアウト

プライベートのスケジュールはiPadで管理していますが、仕事では自作リフィルをトラベラーズノートにはさんで使ってます。
冬休みの間に2020年のリフィルを作成しましたのでご紹介したいと思います。

仕様

  • レイアウトは週間バーチカル
  • 期間は半年分 ※厚みを考慮
  • 完成サイズは横110mm 縦210mm
  • 製本は糸
  • 背表紙(?)はマスキングテープ

作成の流れ

  1. リフィル(PDF)の作成
  2. 作成したリフィルの印刷
  3. 製本

リフィル(PDF)の作成

今までは、InkScapeで作っていましたが、iPad用のTemplate生成Perlスクリプトを使えば紙物も作れると思い作ってみました。
↓完成したリフィル

左上のボックスに月、その下はTodo 、上部はガントチャートなど、下部は予定を記入します。

リフィル生成Perlスクリプト

上記リフィルPDFを生成するスクリプトです。

#!/usr/bin/perl
use utf8;
require("./mtdraw.pl");

# ---------------------------------------------------------------------
# Template Create Script for Note Application
# File Name make_tr_template_weekly.pl
# Copyright (c) 2020 qunitama. All rights reserved.
# ---------------------------------------------------------------------

# ---------------------------------------------------------------------
# --- 色,太さ,FONT 指定
# ---------------------------------------------------------------------
$PAPER_COLOR      = "#FAFBFB";

# 色定義
$COL_USU = "#9FA0A0";  # 薄目
$COL_KOI = "#544A47";  # 濃目
$COL_RED = "#d7003a";  # 赤
$COL_BLU = "#007bbb";  # 青

# 線幅定義
$WID_HOS = "1"; # 細
$WID_CHU = "2"; # 中
$WID_FUT = "3"; # 太

# FONTを指定
$FONT =	"/cygdrive/c/Windows/Fonts/BIZ-UDGothicR.ttc";

$PDF_X_MM = 297;
$PDF_Y_MM = 210;
$BAIRITSU = 1;
$PDF_FILE = 'TR_weekly.pdf';

# ---------------------------------------------------------------------
# --- 用紙生成処理
# ---------------------------------------------------------------------

$bs = 5; # 基準間隔 5mm

# 左基準点
# 印刷結果の中心がずれる場合、印刷時に微調整するか
# 下記の$base_x を調整して下さい
# +0.0 を+0.5 にすれば右に0.5mmずれます
$base_x = (297-210)/2+0.0;

# 上基準点
$base_y = $bs;

#グリッド幅
$haba = 210;

#グリッド高さ
$takasa = 200;

# 用紙生成
&mtdraw::create_paper_mm(
    $PDF_X_MM,$PDF_Y_MM,$PAPER_COLOR,$BAIRITSU);

# グリッド描画(縦線)
&mtdraw::tatesen(
    $base_x,$base_y,$takasa,$COL_USU,$WID_HOS,$bs,($haba/$bs)+1);

# グリッド描画(横線)
&mtdraw::yokosen(
    $base_x,$bs,$haba,$COL_USU,$WID_HOS,$bs,($takasa/$bs)+1);

# 月曜日の左側の線
&mtdraw::tatesen(
    $base_x+$bs*6,$base_y,$takasa,$COL_USU,$WID_FUT,0,1);

# 火曜日の左側の線
&mtdraw::tatesen(
    $base_x+$bs*11,$base_y,$takasa,$COL_USU,$WID_CHU,0,1);

# 水曜日の左側の線
&mtdraw::tatesen(
    $base_x+$bs*16,$base_y,$takasa,$COL_USU,$WID_CHU,0,1);

# 木曜日の左側の線
&mtdraw::tatesen(
    $base_x+$bs*21,$base_y,$takasa,$COL_USU,$WID_CHU,0,1);

# 金曜日の左側の線
&mtdraw::tatesen(
    $base_x+$bs*26,$base_y,$takasa,$COL_USU,$WID_CHU,0,1);

# 土曜日の左側の線
&mtdraw::tatesen(
    $base_x+$bs*31,$base_y,$takasa,$COL_USU,$WID_FUT,0,1);

# 日曜日の左側の線
&mtdraw::tatesen(
    $base_x+$bs*36,$base_y,$takasa,$COL_USU,$WID_CHU,0,1);

# 日曜日の右側の線
&mtdraw::tatesen(
    $base_x+$bs*41,$base_y,$takasa,$COL_USU,$WID_FUT,0,1);

# 曜日描画
$xwk=$base_x+31;
&mtdraw::text($xwk,$base_y+0.5,$FONT,$COL_KOI,3,"月");
$xwk+=25;
&mtdraw::text($xwk,$base_y+0.5,$FONT,$COL_KOI,3,"火");
$xwk+=25;
&mtdraw::text($xwk,$base_y+0.5,$FONT,$COL_KOI,3,"水");
$xwk+=25;
&mtdraw::text($xwk,$base_y+0.5,$FONT,$COL_KOI,3,"木");
$xwk+=25;
&mtdraw::text($xwk,$base_y+0.5,$FONT,$COL_KOI,3,"金");
$xwk+=25;
&mtdraw::text($xwk,$base_y+0.5,$FONT,$COL_BLU,3,"土");
$xwk+=25;
&mtdraw::text($xwk,$base_y+0.5,$FONT,$COL_RED,3,"日");

# 曜日の下側の線
&mtdraw::yokosen(
    $base_x+$bs*6,$base_y+$bs*2,$bs*35,$COL_USU,$WID_CHU,0,1);

# 9 10 11 ... 19 描画
$y = $base_y+$bs*20;
for($i=0;$i<11;$i++){
    if ($i<10){
        &mtdraw::yokosen(
            $base_x+$bs*6,$y,$bs*35,$COL_USU,$WID_CHU,0,1);
    }
    $x = $base_x+$bs*6+2;
    for($j=0;$j<7;$j++){
        if ($i==0){
            $wkx=$x-0.5; # 9は1桁なので少し右に
        }else{
            $wkx=$x-1;
        }
        &mtdraw::text(
            $wkx,$y-1,$FONT,
            $COL_KOI,1.6,$i+9);
        $x+=$bs*5;
    }
    $y+=$bs*2;
}

# ToDo Box 描画
$y = $base_y+$bs*4;
for($i=0;$i<20;$i++){
    &mtdraw::box($base_x+1,$y+1,3,3,$COL_KOI,$WID_CHU);
    $y+=$bs;
}

# 左上月記入BOX 描画
&mtdraw::box($base_x,$base_y,$bs*3,$bs*3,$COL_KOI,$WID_CHU);

# 年描画
&mtdraw::text($base_x+$bs*4,$base_y+0.5,$FONT,$COL_KOI,4,"2020");
&mtdraw::text($base_x+$bs*3+2,$base_y+$bs+1,$FONT,$COL_KOI,3,"令和2年");

# PDFに変換
&mtdraw::make_pdf($PDF_FILE);

スクリプトの中で使用するライブラリはこの記事の中で使っている”mtdraw.pl”です。
qunitama.hatenablog.com
※実行は自己責任でお願いします。

作成したリフィルの印刷

半年27週分のリフィルを作る為にA4用紙14枚に作成したリフィルを印刷します。その際、13枚は両面、1枚は片面で印刷します。

製本

表紙にするA4の厚紙は100均や画材店、ホームセンターなどでご用意下さい。
ちなみに私は、コーナンで買っています。

f:id:qunitama:20200215224143j:plain
表紙用厚紙
表紙と印刷したリフィルを全て半分におります。
ただし、片面印刷した1枚は印刷面を谷側にしております。
表紙、片面印刷のリフィル、両面印刷のリフィルの順に重ねます。
次に糸で縫っていきますが、糸の通し方を図にしてみました。
f:id:qunitama:20200215224217j:plain
糸の通し方
この図の糸の通る場所を錐で穴を開けます。
f:id:qunitama:20200215224245j:plain
穴あけ
図の通り糸で縫います。
糸はタコ糸では太すぎますが、細いと縫い目から紙が切れてしまいますので、多少太目が良いかと思います。
f:id:qunitama:20200215224313j:plain
内側の糸
f:id:qunitama:20200215224358j:plain
外側の糸
背表紙側をマスキングテープで覆います。
f:id:qunitama:20200215230749j:plain
マスキングテープで糸を隠す
マスキングテープは数ミリ折り返すと、トラベラーズノートのゴムで挟んでも切れずらいと思います。
f:id:qunitama:20200215224452j:plain
マスキングテープを折り返す
背表紙側から110mmの位置をカッターまたはペーパーカッターでカットします。
f:id:qunitama:20200215223808j:plain
余分な部分をカット
コーナーカッター かどまるPROでコーナーを丸くします。
f:id:qunitama:20200215224518j:plain
コーナーを丸くする
完成です。
f:id:qunitama:20200215224033j:plain
完成したリフィル

最後までご覧いただき、ありがとうございました。